小林 ゴウ
ゴーイングベルボ

小林 ゴウ

レトロでポップな古着に雑貨!昭和レトロな世界観
セレクトショップ
福岡市中央区大名

Introduce

筑後川の近く、うきは市で幼少期を過ごしました
両親は魚屋さんを営んでたので、おいしい魚を沢山食べて育ちました、それはホントに感謝しております。
幼児の頃、親の仕事が終わるまで魚屋さんの商品の入ってたダンボール箱の中に入りこんで
ダンボールの内側にずっと絵を描いて遊んでたりもしたそうです。
絵を描くことが好きで高校もデザイン系の学校へ進みました。。

20代は様々な仕事を経験(3度の就職)、その後は、やはり自分は絵を描いたり音楽活動がしたいと、アルバイトしながら絵を描く日々、そして曲を作り歌う日々。絵を描いては個展をして
絵を売ったり、イラストの営業に行ったり。本屋でふと手に取った雑誌を見て、アートディレクターやデザイナーに会いたいと思えば、自分の作品の詰まったポートフォリオを持ってフットワークは軽く東京まで売り込みに行ってみたり、いろんな人に沢山会いました、まだインターネットも普及してない時代、自分で動くしかなかったんです。なんなんでしょうこの行動力、今思えば若気の至りのようにおもえますが、フットワークは軽く世界は広く感じていました。

何事も行動を起こして経験して学ぶわけで、褒められる事もあれば、心折れるほど駄目だしを喰らう事もありましたが全て経験。イラストも独学でいろいろ勉強、いまだに終わりはありません。

音楽も高校時代からギターを弾いてましたが、90年代後半からいろんなライブハウスで歌ってみましたが、天神にある照和で3.4年ほど弾き語りで歌いました、ギャラもなければノルマもない、ライブ終わりに一杯だけ出演者はドリンクが貰えました、それでも嬉しかったし、毎日いろんなミュージシャンが自分の世界を表現するわけで、お客さんが出演者だけのときもあったかと思えば、
立ち見が出るほど満席のときもあったりと日々刺激でした。

その当時はケーキ屋さんでアルバイトしてて、
シェフにきたえられて、いろんなケーキ作れるようになりました。いちごのムースを分離させてしまい泣きそうな僕に、目の前で魔法をかけたかのようにムースをつなげたり、プロはすごいと感じました。

シェフが売り上げとか原価計算とかしてるの見てて利益をあげるのは大変だが、シェフの作る新作ケーキに行列ができたり、すごい売れたときは嬉しくて、いずれ私も自分で商売したら楽しいんだろうなぁと思いはじめた時期でした、そんなアルバイトに絵や音楽と並行して、車に古着を積み込んでフリーマーケットで販売してみたり。古着を卸したりと、何が本業なんだかなぁ?という生活。でも自分の好きな事を極めたいとおもいつつ。古いものが好きファッションが好きな事には変わりないが、自分で商売を始めるきっかけも無く、自由な日々が続いてました。

そんなとき2003年です、お洒落横丁という小さな店が集まるスペースが今泉にできるって事で、何かやらないかと誘われ、
そこを2坪かりて商売を始めました。

ほんとに小さなとこからコツコツ始まりました古着&古道具屋の開業でした。レトロなものが好きなんです自分の好きな世界、果たしてこれで商売は成り立つのやらと思いながら、そこで1年ほどやってみて、なんだかこの仕事、自分に合ってる気がして商売の感覚をちょっぴり掴んだ気もして。
その後、現在のお店のある雑居ビルの4階で商売をはじめたわけです。古着屋の仕事にのめりこみます、古物の世界にはまってしまいますそしてマイペースではありますが、時間の流れは早いもので15年ほど今の仕事をしています。

並行してイラストのお仕事も描き続けてれば誰かが見てるもので、ありがたいことに仕事依頼がポツポツ来ちゃったりして。続いていますよ、イラストのお仕事はここ5.6年くらいはレギュラーで、新聞にマップを描いてます、目からビームがでています。続けることは大事なのかもしれません、継続は力なりと言う言葉があるように。これからもレトロな世界を極めつつ、ビームのでてる絵をずっと描いていきたい、そう思う今日この頃です。

Image Image Image Image Image Image Image

Hobby

自分なりのこだわりがあるものに囲まれていたいと思ってた時代もあり
レトロでかわいいものを蒐集しておりました、
以前はEXPO70大阪万博グッズを沢山集めていました。新聞の取材が来たり、愛知万博のときは
なんでも鑑定団の製作会社から、万博関連のお宝は無いかと訪ねられるような事もありました、
丁度その時期(十数年前)に福岡でも大きな西方沖地震が起こりました、レトロな陶器やガラスがいっぱい割れちゃいまして
そのとき、形あるものは壊れることもあるよね~と。。。妙に納得しちゃって、
その後EXPOグッズは全部売ってしまいました。すっきりしちゃいましたが、切り替えも大事です。
それからは個人的なレトロな蒐集は、やや控え気味でして、
現在はひっそり?なるべく場所を取らない紙モノにシフトしておりまして、福岡にまつわる古い印刷物を集めてます。
それが趣味!?といえるのではないでしょうか。やはりEXPO系が好きで特にここ5年くらいは、1975年に
新幹線開通記念で大濠公園で行われた『福岡大博覧会』の資料を集めています。その時代に行ってみたいという妄想と
当時の資料を見る面白さ。いろいろ調べるとファッション界の巨匠、ピエールカルダン氏も
福岡博に来た事実を知ったりと、なんだかワクワクしちゃうのです。

Image Image Image Image Image

Policy

レトロでかわいい楽しい世界、僕が大好きな1960、70、80年代のお洋服をメインにファッション小物から生活雑貨まで
ありとあらゆる昭和レトロなアイテムが揃います。現代でも通用するもの、状態の良いものを厳選して店頭に並べております。
商品を懐かしく感じる世代から、まったく昭和を知らない新鮮に映る世代にも、レトロな魅力を伝え、お買い物はリアルショップならではの掘り出し物を探す楽しみも!!。ここにしかないオリジナルのファッションアイテムも作ってます。
鮮やかな色、大胆な柄模様レトロファッションの
着こなしに悩まれる方がいらっしゃればゴーイングベルボが自信を持ってコーディネイトのお手伝いもいたします。
これからも自分もお客さまも居心地のいいお店を続けていけたらなと思っております。

Image Image Image Image

History

2000
フリーランスのイラストレーターとして活動をはじめる
2003
ゴーイングベルボを始める http://www.goingbellbo.com/
2007
映画の衣裳探しの依頼があり衣裳探しやコーディネイトのお仕事も始める

小林 ゴウさんのソシオリスト

1人が小林 ゴウのソシオになっています

1人のソシオになっています

IST info

お店・していること
ゴーイングベルボ
Tel
0927716070
Mail address
営業時間
13:00~19:00
定休日
毎週火曜日・他不定休(詳しくはHPをチェック)
Address
福岡市中央区大名2丁目2-44マウンテンハウスⅡ 4F
Google Map

© 2017 Weekend, Inc.